伊勢河崎ときどき古民家

伊勢と河崎の町と神社と古民家と好きなものに囲まれた日々のコラムです

伊勢

ブラタモリ顛末記~伊勢ブラタモリの裏側~

昨日の記事でも上げましたが、ブラタモリの伊勢編の再放送を記念しまして、 ブラタモリのご案内人の皆様と一緒に鑑賞会を行います♪それに先駆け… 当時の撮影やロケハンなどの裏側を克明に記録した 飯田先生のコラムを転載させていただく許可を頂戴しました。…

【三重テラス】伊勢御師ウェブセミナー配信【お手伝いしてます♪】

【告知】 2021年3月3日(水)13:00時から 日本橋三重テラスにて 「伊勢参りに大きな役割を担う御師とは?」 ウェブセミナーを配信します♪ 伊勢の最後の御師邸を守る当代丸岡宗大夫 丸岡さんをゲストに 伊勢の「境界」筋向橋から丸岡邸までの道のりを ご案内い…

【YOUTUBE】御師とはなんぞや!??UPしました!

youtu.be YOUTUBEに新作をUPしました♪ 以前書いたこちらの記事を若干練り直した内容です。 itoshiya8ise.hatenablog.com そもそも「御師」って何? という以前に そもそも「御師」って何て読むの? というのが一般的な認識かな?と思いまして…。 はじめて「…

【伊勢神宮】外宮―豊受大神宮―創始のお話

前回は神宮内宮の創始についてお話しました。今日は外宮の創始についてお話したいと思います。 まず、伊勢神宮外宮の正式名称はご存知ですか?「豊受大神宮」といいます。 「豊受」というのはご祭神に因むもので、そのご祭神の名は「豊受姫命」と言います。 …

YOUTUBE はじめました!

皆さま、少々ご無沙汰しておりました。 そして遅れ馳せながら 新年あけましておめでとうございます。 昨年は結局1度も伊勢入りが果たせず…となりましたが、 昨年11月頃に、じわっと動きがありまして 今年は東京からリモートで伊勢を盛り上げて行こうと思…

【神宮の神事】 神嘗祭

その年の初穂を神宮に納める初穂曳についてこの数日お話しました。 この初穂が神宮に奉納されると行なわれるのが、神嘗祭です。 神宮の祭事で最も大切な神事になります。 そのタイムスケジュールは以下になります。 (今年バージョンですが伝統的に日時は変…

【神宮の神事】初穂曳~内宮・川曳~その後

昨日、一昨日と、神宮の大事な行事のひとつである初穂曳をご案内して来ました。 ↑五十鈴川から内宮に上げられた初穂、 その行方を今日は追ってみましょう。 ↑初穂が乗った舟が引き上られるのはここです。 (写真は初穂が奉納された後の様子) 曳き手の皆さん…

【伊勢の神事】初穂曳~内宮・川曳~

伊勢神宮の大事な神事で、 毎年10月15日と16日に行われます その年の初穂を神宮に奉納する儀式、 初穂曳についてご紹介したいと思います。 昨日に続きまして、今日は内宮の初穂曳です。 内宮の初穂は五十鈴川の中を船で曳かれていきます。 そのことから「川…

【伊勢の神事】 初穂曳~外宮・陸曳~

伊勢、そして日本の神道の神事で最も大事なお祀り… それは神嘗祭だと思います。 キリスト教などの収穫祭にあたり、 一年の豊穣を神に感謝するお祀りですよね。 実は伊勢には神嘗祭に先立ってもうひとつ大事なお祭りがあるのです。 何だかご存知ですか? そう…

YOUTUBEに残されていた7年前の河崎の姿を発見!

以前もこちらのYOUTUBE動画をご紹介したことがあるかと思います。 全国の町や商店街を何年もの間撮り貯めていらっしゃる方で、 この情報は後々日本の貴重な資料となりえるレベルかと思います。 今はなき、河崎の商店街の姿も取り残してくれていまして、 それ…

【伊勢の味をお取り寄せ】山村牛乳

伊勢のご当地牛乳です♪ いと志やのほうじ茶ラテはこちらの牛乳を使っていました。 いと志やのほうじ茶ラテは、友人知人にモニタリングをして 「甘すぎないほうじ茶ラテ」というコンセプトにしていて、 それにはこの山村さんの牛乳がぴったりでした! 牛乳の…

【伊勢の味をお取り寄せ】 伊勢・餅街道編!

伊勢土産…といえばやはり「赤福!」という方が多いと思います。 もしくは、「お福もち」という方もいらっしゃるかと思います。 ですが、伊勢は「餅街道」と言われるほどにお餅のお菓子が多いんです! 以前ご紹介した二軒茶屋餅もオススメですが、 今日はお取…

伊勢志摩で星空鑑賞♪

今月1日は中秋の名月でした。 夜空が美しい季節になりましたよね。 河崎で観光客の皆様に「夜道が暗い」とよく言われますが、 それは逆に星が明るく見えるということになります♪ 河崎にお泊りのときは、勢田川から夜空を見上げてはいかがでしょう? 更に本…

【伊勢の寺社】 平尾神社(伊勢市一宇田町)

彼岸花に誘われるようにお散歩をしていたところ、 こちらの神社に出会いました。 平尾神社です。 すぐそばを近鉄の電車が走り、なんとものんびりとした風情です。 境内は広く、社殿まで参道が伸びます。 向かって左は古殿地でしょうか? 式年遷宮がなされる…

【季節の花】 彼岸花のビュープレイスIN伊勢⑤

今週は、伊勢の彼岸花の見所スポットをご紹介してきましたが、 いかがでしょうか? 今日は最後にこんな場所をご紹介! …それは、あちこちの田んぼのあぜ道です。 伊勢では大概、8月末頃に稲を刈りますので 黄金色の田んぼと赤い彼岸花のコラボレーションは…

【季節の花】 彼岸花のビュープレイスIN伊勢④

伊勢の彼岸花の見所をご紹介してきましたが、 ここはまさに絶景! 彼岸花の御花畑のようです。 いえ、もうここは彼岸花の海といっても過言ではないかも!?? ここはどこかと言いますと、朝熊山の麓です。 鳥羽松阪線を注意深くドライブしていただくと 見つ…

【季節の花】 彼岸花のビュープレイスIN伊勢③

今日の彼岸花のオススメスポットは ①でご紹介しました勾玉池から徒歩2分ほどのところにあります。 ここは白い彼岸花が群生しているビュースポットです。 勾玉池(茜社)を出て、右手方向に進みます。 (外宮の火除け橋と逆の方向です) 少し行きますと、「…

【季節の花】 彼岸花のビュープレイスIN伊勢②

私の個人的セレクトによる、 彼岸花の名所IN伊勢 2箇所目はこちらです。 神宮125社のうち3座の摂末社の鎮座する 上社の境内です。 *詳しくはこちらを…↓ 【125社めぐり】 外宮 摂社・志等美神社 / 摂社・大河内神社 / 末社・ 打懸神社 【伊勢の寺…

【季節の花】 彼岸花のビュープレイスIN伊勢①

10月の足音が聞こえつつありますが、 この季節に目を楽しませてくれる花のひとつが彼岸花ですよね。 別名マンジュシャゲ。 音の響きもいいですが、字面がまたいいですよね。 曼殊沙華。 彼岸花には別名が1000あるとも言われいます。 例えば、彼岸=死…

【熊野詣】⑤伊勢路コースとは?

熊野へ参るには紀路と伊勢路のどれ近し どれ遠し広大慈悲の道なれば紀路も伊勢路も遠からず と平安末期、後白河上皇の勅撰集の中でも謡われたように、 古くから紀伊路と並んで参拝道とされていた伊勢路。 江戸時代から、お伊勢参りの後に伊勢路を通って熊野…

【伊勢の味をお取り寄せ】 河崎に本店の伊勢銘菓 

さて、伊勢のお取り寄せを色々と探してみておりますが、 皆様、お好みや気になるものはりましたか? 今日は実は河崎に本店のある伊勢銘菓のお店を二軒ご案内です! どちらもお土産としても人気があるので ご存知の方も多いのでは? まず1軒目は「絲印煎餅」…

【伊勢の味をお取り寄せ】 塩羊羹 ~五十鈴勢語庵~

ここ数日は伊勢のオススメの美味しいモノを お取り寄せできるかな~?と調査し、 その結果をお知らせするようなカタチになっております。 さて、今日は 私が伊勢河崎で営んでおりました「いと志や」のカフェで 「塩ようかんセット」として、ほうじ茶(昨日ご…

【伊勢の味をお取り寄せ】 伊勢茶 ~濱田園さん~

伊勢入り出来ずに、 伊勢の味が恋しい日々…。 その中でも最も恋しいもののひとつが「伊勢茶」です。 河崎の「濱田園」さんは神宮にもお茶を納入している茶園で 私のお店「いと志やの奥座敷JOY*CAFE」でも ほうじ茶をつかわせていただいていました。 東京(…

【伊勢の味をお取り寄せ】 伊勢うどん~みなみ製麺~

伊勢うどんは好みが分かれるところだと思いますが、 私は好きです。 伊勢や福岡のやわらかいうどんから、吉田や武蔵野のバリカタ系うどんまで 何でも美味しくいただけるのは、節操なしの東京生まれ故でしょうか?(笑) 伊勢での私の常用食が、みなみ製麺さ…

【伊勢の味をお取り寄せ】 お福アイスマック

毎日暑い日が続きますね…。暑さ、コロナ、台風と、気の休まらない日々… ほっと一息つきたいものですよね。 というわけで、義両親に御中元代わりに ほっとできる伊勢の味を送ってみました♪ 以前、当ブログでも紹介しました 「お福アイスマック」です。 【ご当…

【古市街道】 自転車走破の道程⑧ ~ついにゴール!牛谷坂~

大きな常夜灯(↓地図の富樫公園)を経て (常夜灯を奉納した富樫文治さんに因むのかと?) 古市街道を進むと、急坂に出会います。 下りなので爽快ですが(ブレーキかけないと怖いくらいですが) 上りだと壮絶です。 この常夜灯から、坂の下の惣門跡までを 「…

【古市街道】 自転車走破の道程⑦ ~両宮常夜灯・富樫文治さんって誰だろう?~

さぁ、いよいよ古市街道の旅もラストスパートです!!! 桜木地蔵から古市街道に戻ると、 目の前にお寿司屋サンのある場所に出ます。 そこが古市街道です。 そのまま内宮方面に進みました。 しばらく進むと、常夜灯が見えてきます。 ただの常夜灯ではありま…

【古市街道】 自転車走破の道程⑥ ~桜木地蔵~

古市街道を資料館と県道が交わる地点で 県道沿いに右手に進み、 また若干街道の方向に入った辺りに ここ桜木地蔵があります。 正直、やや迷いました。 県道入って少し行きますと大きな「桜木地蔵」の看板があり、 「地図で見るともう少し先のようだけど?」 …

【古市街道】 自転車走破の道程⑤ ~古市参道街道資料館~

自転車で行く古市参道の旅もここでようやく中間点です。 まさに「街道」という住宅街を行く道と 鳥羽と松阪を結ぶ県道37号線の交わるところにあり、 一気に視界が開けます。 広い駐車場もありますので、 疲れた足腰を伸ばす休憩タイムにももってこいです。…

【古市街道】 自転車走破の道程④ ~麻吉旅館~

長峯神社の少し先… 路地を右折したところにあるのが 「麻吉」です。 参宮客をもてなし、隆盛を極めた古市で 現在唯一その佇まいを残し、 現在も旅館として営業しています。 、『古市街並図』(天明2(1782)年)や 十返舎一九の『東海道中膝栗毛』(文化3…