伊勢河崎ときどき古民家

伊勢と河崎の町と神社と古民家と好きなものに囲まれた日々のコラムです

【125社めぐり】 外宮 摂社 伊我理神社 ・ 末社 井中神社

外宮 摂社 伊我理神社 (いがりじんじゃ)

御祭神 伊我利比女命 (いがりひめのみこと)

 

同 末社 井中神社 (井中じんじゃ)

御祭神  井中神 (いなかのかみ)

 

所在地;三重県伊勢市豊川町

 

f:id:itoshiya8ise:20200616092022j:plain

 

外宮の境内に鎮座する摂末社です。

一度正宮の辺りからは外に出ないと行けません。

 

度会大国玉比売神社の奥に位置しています。

【125社めぐり】 外宮 摂社 度会大国玉比賣神社 - 伊勢河崎ときどき古民家

 

同じ入口から入ります。

 

f:id:itoshiya8ise:20200616092123j:plain

 

境内に入り、すぐ右手に見えます石段を上がりますと、

度会大国玉比売神社です。

 

伊我理神社と御同座の井中神社へは

参道に沿って奥まで進みます。

 

摂末社は参拝客のための神社ではないので

基本的にいつも静かですが、

こちらは更に静か。

森を奥まで進む感じになりますのでドキドキしてしまうかもしれません。

これが畏怖の念なのかもしれません。

(吊り橋効果的な?)

 

f:id:itoshiya8ise:20200616092250j:plain

 

度会大国玉比売神社も石段の上にありますが、

こちらも石段を上がるスタイルです。

 

ただ、度会大国玉比売神社よりも

石段がカクカクとしっかり四角張った形状で

新しさを感じます。(といっても古いのでしょうけれど)

 

度会大国玉比売の神社の形状が

古代の祭祀のスタイルでは?と以前考察しましたが、

そうだとすると

こちらはそれを放ったスタイルということになるのでしょう。

 

伊勢神宮外宮の末社は『延喜式』の「神名帳」に記載されず

当時は国家から祭祀を受けていなかったが、

平安時代初期には度会宮の所管として公認されていた神社と定義付けられていますので

特に古いとみられる度会大国玉比売神社よりも新しいという印象は間違ってないと思います。

 

f:id:itoshiya8ise:20200616092053j:plain

 

伊我理神社の御祭神・伊我利比女命

外宮御料田の井泉の神」とされます。

 

「古く外宮御料田の耕種始めの神事が行われ、

 猪害を防ぐ意味のお祭りであり、

 猪狩(いかり)がその名の由来といわれている」

神宮会館HPより)

 

上記のことから、

やは度会氏が神宮の祭祀を司り、行う中で生まれた神だと思います。

 

田畑を守るための猪狩というのは、

作物を収穫するようになってから現れる行為です。

田畑がなければ猪を害獣とは認識せずに、

食肉を得るために狩を行っていたはずです。

 

つまり、度会氏による開墾が進み、

また神宮の豊穣を祈る祭祀が定着した上でないと

現れない神様だと思います。

 

社地から出土する土器も、須恵器だといいますので

やはり平安期に成立した神社ではないでしょうか?

 

f:id:itoshiya8ise:20200616092143j:plain

 

同じ社殿に御同座の井中神社の井中神

「かつては外宮の御神田の井泉の神として仰がれたと伝わる」

といいます。(神宮会館HP)

 

もしかすると、先に神田のための水の神である井中神がこちらにいて

後から伊我理比女がやってきたのかもしれません。

 
   

同じく外宮境内にあります山末神社の御祭神も

外宮神田の山の神かつ神田に水を満たす泉の神です。

【125社めぐり】 外宮 摂社 山末神社 - 伊勢河崎ときどき古民家

 

また、同じように石段を高く積んだスタイルの田上大水神社もまた

水の神であるという説もあります。

【125社めぐり】 外宮 摂社 田上大水神社 ・ 摂社 田上大水御前神社 - 伊勢河崎ときどき古民家

 

f:id:itoshiya8ise:20200616092036j:plain

 

神宮の祭祀には、井戸が大きく関わっています。

(これはまた上御井神社・下御井神社の考察で述べたいと思いますが)


丹後国風土記』に奈具社の縁起としてこのような話があります。

 

丹波郡比治里の比治山頂にある真奈井で天女8人が水浴をしていたが、

うち1人が老夫婦に羽衣を隠されて天に帰れなくなり、

しばらくその老夫婦の家に住み万病に効く酒を造って夫婦を富ましめたが、

十余年後に家を追い出され、漂泊した末に奈具村に至りそこに鎮まった。

この天女が豊宇賀能売命(とようかのめ、トヨウケビメ)であるという。

トヨウケビメ - Wikipedia

 

また、元伊勢のひとつといわれる籠神社(このじんじゃ)には真奈井の伝説があります。

 

「真奈井神社の神水

この水は籠神社海部家三代目の天村雲命が

神々が使われる「天の眞名井の水」を黄金の鉢に入れ、

天上より持ち降った御神水です。

天村雲命はその水を初めに日向の高千穂の井戸に遷し、

次に当社奥宮の眞名井原の地にある井戸に遷しました。

その後、倭姫命によって伊勢神宮外宮にある上御井神社の井戸に遷されたと伝えられています。」

奥宮 眞名井神社|丹後一宮 元伊勢 籠神社  奥宮 真名井神社

 

このような説話が外宮摂社にも影響していると私は思います。

 

井戸が枯れてしまう=水の枯渇をとても恐れていて、

そのことに因んだ伝説も見られますし

(河原淵神社の龍姫)

【125社めぐり】 外宮 摂社 河原淵神社 & 船江上社 - 伊勢河崎ときどき古民家

 

井戸の水に神聖を見出す例もあります。

(御食神社の辰の井)

【125社めぐり】 外宮 摂社 御食神社 - 伊勢河崎ときどき古民家

 

井中神もこのような井戸の神の仲間ではないでしょうか?

 

f:id:itoshiya8ise:20200616092313j:plain

 

伊我理神社については「い・かり」=「稲・刈り」とする説もあります。

23 伊我理神社・・・イノシシを狩る女神を祀る? 外宮の末社 | FOOCOM.NET

 

古来は、水田の水とも関わりの深い井戸の神を田植え前の水張りととらえ、

伊我理の神を収穫の守護神ととらえていたとしてもおかしくないとも妄想…。

 

井戸の水が枯れるということは、大規模な水不足の予兆とされたのでは?と思うのです。

 

外宮の上御井社には「この水が枯れると天変地異が起る」という伝説もありますので…。

(枯れたことはないらしいですが)

 

実際問題、伊勢国は古来川が氾濫することの方が多いので、

井戸の水が枯れることもそうそうあるとは思えない土地柄です。

ですから外宮で水が枯れる=天変地異なのでしょうけれど。

 

現在は伊勢度会界隈でも

農家さんたちは猪をはじめとして鹿や猿たちが畑を荒らすことに頭を悩ませています。

動物が荒らす分はもう山への供物だとするしかないかもねー、

などという話を農家をやっている友人と話したこともありますが、

そうなるとまた獣が栄えて畑を荒らす面積が増えますよね。

個人的には、地球は人間だけのものではないので、動物との共存は大事だと思いますが

農家さんにしてみると、たまったもんじゃない!と思います。

 

伊我理神社が創始した頃も、同じ悩みを抱えていたのかもしれませんね。

 

(写真撮影;2018年10月、2019年6月)